サカイのイチ推し

開発マーケティングディレクター坂井敏秀がおとどけするシャツスタイルコラム。

レディースシャツ

Vol. 49

装い新たに、秋の素っぴんホワイトシリーズ

  • 2020年10月22日

今回は、今年の夏から展開をスタートした “素っぴんシャツ”の秋冬バージョンをご紹介します。
2回に渡ってご紹介しますが、第一弾は基本のホワイトから…

数年前ファストファッションが大きく取り沙汰され、若者を中心に安価なものをとっかえひっかえ買い替えてお洒落を楽しむというライフスタイルが人気を博しました。
言うまでもなくその後モノは大量に溢れ、世界的に廃棄されるアパレル製品については大きな社会問題ともなっています。
今後は環境問題への取り組みと共にサスティナブルな社会の実現を目指して、私たちも衣料品の供給方法や生産工程にまで踏み込んで十分注意を払っていかなければなりません。
もともと代表的な日本文化でもある『モッタイナイ』『清貧』といった意識に回帰すべきだという事です。

今年の夏から軽井沢シャツでは『素っぴんシャツ』というシリーズのシャツを販売開始しました。
まだまだ少量ではありますが、過剰に作りすぎないよう丁寧に日本の工場で縫製しているシャツのラインナップです。

“どうせ汚れるから買い替えればいいや”ではなく、気に入って愛着をもって着続けたいと思えるもの。
その為に過度な装飾を省き、副資材も最低限にすることで廃棄ゴミを減らし、少しでもストレスなく安心して着用できる。
そして年代を越えて通用するシャツ。
『素っぴん』という言葉には、“ありのままの美しさをお届けしたい”というメッセージが込められています。
カラダに優しく環境に負荷の少ない素材の選定、洗うごとに身体に馴染むディティール、肌触りの良さ、製品全体の質感、妥協のない丁寧な縫製等々、基礎から吟味した上で、
“今の時代感にフィットしたシャツ”の気分と共に提供していきたいと思っています。

それでは“ありのまま”をシャツで体現した、いくつかのコーディネイトをご覧ください。

■ プルオーバースタンドカラー × チュニック

モデル身長161cm 着用サイズM

■ シャツ
品番   :OAKZ70-68
ネット品番:K31KZE088
品名   :素っぴんシャツ スタンドカラー(プルオーバーチュニック)
素材   :コットン55%,レクセル45%
仕様   :フロント角型ブザム(胸当て) チュニック丈
      袖付/脇 袖付け本縫い、脇インターロック、日本製
サイズ  :M, L
定価   :¥6,900(税別)

Staff Voice!

【スタッフ伊藤のコメント】
どんなボトムスと合わせても決まる、そんな底知れない包容力の高さを誇るクローゼットの救世主白シャツです。
ここぞとばかりに縞々のギラギラスカートを合わせてみました。
真っ白なトップスでもインナーにタートルネックを差し込んだり、ヘビーめなブーツと組み合わせると寒々しさもなく、秋冬らしく軽やかなコーディネートになります。
しばらく着ていないあのお洋服と久々にさらっと合わせてみてはいかがでしょうか?

チュニックのプルオーバーシャツ。
フロント部にさりげなくあしらわれた角形のブザム(胸当て)が程良いアクセントとなって洗練された雰囲に仕上がっています。
チュニックとスタンドカラーがフォーマル的な解釈で編集され、ミニマルなデザインでありながら艶感も感じられます。
ブルー/グリーンのグラデーションが繊細で美しいロングスカートのシルエットと、チュニック丈のホワイトシャツがいいバランスで調和したところを、ブラックのアンクルブーツで足元をピシッと引き締めています。

使用した素材はコットンとレクセルの混紡。
あまり聞きなれない繊維レクセルとは…
ユーカリを原料にした天然繊維で、土から生まれ土に帰り、製造過程で一切の有害物質を排出しないコロジー製法で地球と人にやさしい繊維。
一般的には“リヨセル”と呼ばれる繊維ですが、今回は富士紡の“レクセル”という商標で展開されているものを採用しています。
吸湿発散性がコットンと比べ約1.5倍~1.8倍といわれ、肌に優しく、シワになりにくいなどメリットの多い繊維でもあります。
アロマにも用いられるユーカリは、癒しを含め様々なシーンで使われているので注目してください。
そして、ユーカリを主成分とする原料(レクセル)ならではの素材特性が生かされ“タイプライタークロス”と呼ばれるしっかり糸を打ち込んだ織り組織とドレープ感、さらにコットンの肌触りを両立させたのがこの素材のウリ。
複雑なテキスタイル構造のデザインスカートとシンプルな白シャツ、素材の効果もあって双方のアイテムの個性がより際立って見えますね。
このように着丈を使い分けることで大きくイメージも変化するので、着丈にこだわってシャツ選びをして頂けるとホワイトシャツの魅力がさらに理解できると思います。

■ 白ツイル レギュラーカラー

モデル身長163cm 着用サイズM

■ シャツ
品番   :OAKZ70-66
ネット品番:K31KZE084
品名   :素っぴんシャツ ツイル白
衿型   :レギュラーカラー
素材   :オーガニックコットン100%
仕様   :袖脇共に本縫い、胸ポケットあり(スクエア型)
サイズ  :M, L
定価   :¥6,900(税別)

■ ボトムス
品番 :MCTO30-30
品名 :セミワイドニットパンツ
素材 :ポリエステル97%ポリウレタン3%
定価 :¥5,900(税別)

Staff Voice!

【スタッフ小林のコメント】
シンプルな白のレギュラー衿に、黄色のパンツで自分らしく着こなしてみました。
固めの素材感が立体感ある着こなしになりますし、しっかりとした生地なので長く着られそうです。
小物は黒で統一し、白や黄色でぼやけがちな色合わせに、シュッと引きしめるアクセント♪
肌寒くなってきたのでスカーフを首に添え、ポシェットにははやりの小さ目なものを選び、ちょっとしたお出かけスタイルをイメージしました。

鮮やかなマスタードイエローパンツが目を引く白シャツとのコーディネイト。
組み合わせが難しいカラーボトムスも白シャツと合わせれば難なく決まります。
くせのないレギュラーカラーに大きくラウンドしたテールの形状、角形のポケットもあって、これぞ“白シャツの王道”といった感じです。
糸の打ち込みが多めの張りのあるツイル(綾織り)は光沢が増すのでシンプルなデザインでも素材の良さが光ります。
ルーズではなく、ややボックス気味のシルエットは着る人を選ばず、コーディネイトの幅も広いのでパンツだけでなくスカート、さらにオフィスでの仕事着としても使える万能選手です。
写真のようにスカーフなどの小物使いでエレガントな着こなしにするとお出掛けスタイルとしても清潔感があっていいですね。
オーガニックコトンの風合いに合わせて柔らかく仕立てられているので、洗いざらしの白シャツをプレスなしでデニムに合わせれば、また違ったラフな着こなしになるので、工夫してバリエーションを楽しめます。

シンプルな白シャツ選びの目安としては縫製グレードも大事。
その点、このシャツは袖付けや脇縫いはメンズの高級仕立てにならって“本巻き”、“本縫い”と呼ばれる丁寧な始末が施されているので、末永く着用頂ける優秀なアイテムだと思います。

■ オックス白 スタンドカラー

モデル身長158cm 着用サイズM

■ シャツ
品番  :OAKZ70-64
ネット品番:K31KZE082
品名   :素っぴんシャツ 白オックスフォードスタンド
衿型   :スタンドカラー
素材   :コットン100% (シャトル織機)
仕様   :背ボックスプリーツ
サイズ  :M, L
定価   :¥6,900(税別)

■ ボトムス
品番 :MCTO29-41
品名 :ワイドパンツ
素材 :ポリエステル100%
定価 :¥6,900(税別)

Staff Voice!

【スタッフ西沢のコメント】
今回着用しているシャツはスタンドカラーに加え、背中にボックスプリーツもあり、一枚で着てもスッキリと見せてくれます。
秋はいつも濃色アイテムを合わせがちになってしまうので、パンツにはグレー味も含まれたブラウンをチョイスしました。
ホワイトカラーはどんなアイテムにも合わせやすくていいですよね。
オーバーサイズとはいえど私の背丈でこの着用感なので、冬にはニットを重ね着もできるアイテムでおすすめです◎

シンプルなスタンドカラーの素っぴんシャツ。
コットンの質感が十分に生かされ、文字通り『ありのまま』っぽい雰囲気満載のシャツです。
絶妙な着丈はタックアウト向きなので、ニットを重ねて裾をチラ見せするのにも最適。
今回は大人っぽい印象を与えるブラウン系のボトムス、肩掛けトートと、ややナチュラル感のあるコーディネイトですが、適度にドロップしたショルダーラインや身頃のゆとりなど、とにかくバランスがいいので大人向きのシャツとしても見栄えがいいと思います。
とろみや光沢のあるボトムス素材を選べば、地味に見える心配もありません。

素材は以前にもシャツ地の大定番としてご紹介した本格派オックスフォード。
しかも低速のシャトル織機で織られたセルヴィッチ(耳付き)仕様のオックスフォードを採用しており、その質感はややドライで嵩高(かさだか)、シャツ地のオックスとしてはかなり高いクオリティだと思います。
実際にスタンドカラーの多くはブロードタイプ(平織)のツルっとした生地が多いので、良質なオックスフォードのスタンドカラー自体、レディスでは珍しいと思いますし、カジュアルにも兼用可能なこの手のシャツは洗うほどに生地が馴染んでいくので、手放せなくなる1枚になっていくでしょう。
光沢のあるボトムスとオックスフォードという一見テイストが異なるものですが、こうしたミックスコーデだと適度なヌケ感も出て楽しいと思います。


以上、同じコンセプトのもとに企画されたタイプ違いの秋の素っぴんシャツ。
これからも飾らないデザインとシンプルな味付けで、末永く皆さんのお気に入りの1着となれるよう更なる磨きをかけていきたいと思います。
白以外の素っぴんシャツも是非、店舗および軽井沢シャツオンラインサイトでチェックして頂ければと思います。

<ご紹介商品店舗展開>
 ■シャツ
  店舗品番:OBKZ70 - 68  ネット品番:K31KZE088
  店舗品番:OBKZ70 - 66  ネット品番:K31KZE084
  店舗品番:OBKZ70 - 64  ネット品番:K31KZE082

  シャツ展開店舗(4店舗)
  軽井沢シャツ立川髙島屋S.C. / 軽井沢シャツSEASON / 松本店 / 岡谷店

 ■ボトムス
  店舗品番:MCTO30-30  ネット展開なし
  店舗品番:MCTO29-41  ネット展開なし

  ボトムス展開店舗(5店舗)
  軽井沢シャツ立川髙島屋S.C. / 軽井沢シャツSEASON / 松本店 / 岡谷店 / プラトウ千曲店

レディースファッション