Vol. 69

大人でも無理なく着こなせる、ストライプのワークシャツ(2)

  • 2021年3月11日

今回はvol_67の続編として軽井沢メンズカジュアルより、3月から販売を開始した【 Suburban Line :サバーバン ライン 】の第二弾として、くすんだ色味がレトロな雰囲気を感じさせる先染めのワークシャツをピックアップ。

新しい生活様式をイメージし、レジャーや旅行以外に郊外でのアウトドアライフにも対応する機能性と気の利いたディティールを採用したシリーズとなります。
ビジネスシャツでは周囲に不快感を抱かせない事が最優先であり、着用時や洗濯後のシワが目立ちにくく、清潔感を感じさせることに重点が置かれましたが、リモートワークを含めた新たな生活様式においては 場所や時間など大きく環境も変わるため、自分自身が快適に過ごせるスタイリングというものが求められます。

シワやプレスを気にしなくてもよいのであればワークウェアが最適です。
文字通り作業向きなのでラフな質感や縫製が備わっていてガンガン洗っても平気なモノになります。
若い人向けにラギットな雰囲気のワークシャツは沢山ありますが、いざ、大人の男性が悪目立ちせずにすんなり着こなせるものとなると、シャンブレーやヒッコリーなど定番的なパターンに限られてしまいます。
さすがに文字やワッペンがついているものは厳しい…

そこで今回ご紹介するややベーシック系のストライプ、しかもヴィンテージ感がほんのり感じられるアースカラーベースのストライプが今の気分です。
ネイビーやカーキといった色調のアウターを羽織る機会が多い季節、インナーにベージュ系やグレー系のアーシーな色目はコーディネイト的にも難しくありません。
ドレスシャツと違って多少汚れてしまってもさほど目立たないというのもありがたいです。

前回に引き続き、フロントのポケットは往年のワークシャツに装備されていたアイコン的なデザイン。
ダブルポケットの人気が再燃している現在、これ見よがしに見えず、それでいてしっかり主張するディティールは男性にとっては有り難いところでしょう。
頑丈な二本針のステッチや小振りの衿、ソフトな芯地は明らかにドレスシャツとは違ってカジュアルシャツらしさを表しています。
華やかな色調とは程遠いベーシックカラーですが、インディゴ系やブラウン系のインナーとして着用するにはこうした地味めのほうが合わせやすいと思います。

1993年にラルフローレンが発表したRRLというブランドはこのような埃っぽい雰囲気のレトロなストライプやチェックのワークウェアがベーシックなアメカジとは一線を画すコレクションとして展開されていました。
ここ最近、当時のRRLの雰囲気がもてはやされている事もあり、地味ですが通好みとも言えるシャツです。

くれぐれもアイロンプレスせず、洗い晒しで自然なコナレ感を味わって頂きたいシャツです。

それでは今回のワークシャツについて

【素材】
綿100%の先染めストライプ。
ワークウェアらしくしっかり糸を打ち込んだ高密度のポプリンを、一度製品にしてから洗ってナチュラルに仕上げてあります。
一見ドレスシャツのようなおとなしめの柄ですが、触ると質実剛健。
野外でのDIYやキャンプなどにも活用できるタフさを持ち合わせたワークシャツといえます。

【ポケット】
左右非対称デザインのポケットを装備。
見た目のギミックもさることながら、ボタン留付きのポケットはスマホの落下防止に役立つので普段から胸ポケットに入れる方には特にオススメです。

【縫製】
袖付けや脇部は本縫いと2本針で堅牢な縫製が施され、更に衿の飾りステッチや前立てもWステッチで補強するなどほつれにくい処理がされています。もともとワークウェアは素材の厚みがある分、丈夫な縫製でほつれを防ぐ意味もあっ てWステッチが多用されます。
作業時に力の掛かりやすい脇の裾部も別布の補強を施し、見た目に楽しいデザインと強度アップを兼ね備えています。

【ボタン】
通常のワークシャツにはキャッツアイと呼ばれる猫目のボタンが多く使われますが、今回のサバーバンラインでは敢えてカジュアル過ぎないドレスライクなボタンを使用しています。ペットボトルを再生したポリエステル、エコロジー を意識したボタンというのも軽井沢シャツならではです。
ボトム部を船底型に削ってあるため、手先が不自由な方でも指の引っ掛かりが良くスムーズな脱着が可能となります。

【シルエット】
太すぎないシルエットで、ワークシャツ特有の野暮ったさを軽減しました。
ややゆったり目というレベル、カジュアルなジャケットを羽織っても対応できる設定です。
裾は短めなのでタックアウトしても着用可能です。

それでは3タイプのコーディネイトをご覧ください。

■ セルビッチ先染めストライプ(スタンドカラー)

カジュアルなジャケットにも対応

シワっぽい素材感がリラックス感を感じさせます

楽しいポケットアレンジはフロント部を華やかに

■ セルビッチ先染めストライプ(ボタンダウン)

ワークシャツをドレッシーなパンツに合わせて

タックインすればオフィスカジュアルにも対応できます

ワークシャツでは珍しいボタンダウン

ポケットだけでラギットな印象に変わります

鮮やかなニットでキレイめの合わせ

程よいゆとりのシルエット

オンラインショップで商品を見る 


以上、ややドレッシーできれいめのワークシャツのコーディネイトでした。
大人でも着こなしやすいワークシャツにご興味のある方は、店頭または軽井沢オンラインでチェックしてみて下さい。


メンズファッション