Vol. 57

装いをミニマルに見せる、比翼前立てのシャツ

  • 2020年12月17日

今回は、レディス向けの比翼前立て(フライフロント)デザインを採り入れたオーバーシャツをピックアップ。


日本海側や太平洋側山沿いの大雪は、路面の凍結や雪崩への警戒はもちろん、日常生活の足にも影響が出ている模様です。
真冬並みの寒波で高齢者が体調を崩しやすくなり、ますますお出掛けの機会も制限され気分転換がしにくい日が続きますね。
生活に張りを与える意味でも、せめて屋内での装いで少し気分上がれば!と思う今日この頃です。

話変わって…
みなさん『比翼仕立て:ひよくじたて』という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

飛行機パーツの話ではなくファッション用語で、正装・パーティの際に着用する白シャツなど、フォーマル系のアイテムに多く見られるデザイン呼称の一つです。
近年、こうした正装・フォーマル用途のディテールを、デイリーウェアの中に落とし込んだ手法を多く見かけます。
代表的なものとして、側章付きのパンツ(タキシード)、ショールカラー(へちま衿)、スワローテール(燕尾服)など正装のムードだけを巧みにアレンジして日常に着用できるよう工夫して提案されています。

今回はそんなフォーマルディテールの中から『比翼仕立て』を採り入れたレディスカジュアルをご紹介します。
この『比翼仕立て』、鳥が翼を畳んで休んでいる姿に似ていることから名付けられたようで、皆さんご存じのコートやレインコートの前立て部には古くから取り入れられていたり、フォーマルシャツの場合は、ボタンを見せないタイプが最も正統とされています。
和装の場合は、襟部分を内側と外側を二重に設けて、重ねて着ている様に見せた仕立てを指しますが、洋服でいう『 比翼仕立て 』は、英語ではフライ・フロントとも呼ばれ、表からボタン穴やボタン自体が見えないように生地を二重に重ね合わせたものをいいます。
つまり、前面からボタンを見えないように仕立てるのが比翼仕立て(フライ・フロント)です。
フライ(fly)には、(衣類の)ボタン隠しの意味があり、ボタンを隠すものは「ボタン・フライ」、ファスナーを隠すものは「ジッパー・フライ」などと呼ばれます。
ジーンズのジッパーも表面に出ない仕様になっていますが、これは機能面を優先したデザインとして定着しています。

こざっぱり・シンプルに見せることに重きを置いたフライフロントですが、あまりにシンプルすぎて物足りない感じにもなりがちです。
そこで今回は、存在感のあるカジュアルな柄をフライフロントで仕立てたシャツを見て頂きたいと思います。

それではコーディネイトをご覧ください。

■ クルーネック比翼前立てオーバーシャツ(ウィンドウペーン)

モデル身長163cm 着用サイズM

 シャツ品番:OBKZ80-47
 ネット品番:K35KZE056
 品名 :比翼前立てオーバーシャツクルーネック(グリーン×オレンジ×ブラックのチェック)
 衿型 :クルーネック
 素材 :コットン100% 起毛
 仕様 :背ギャザー
 サイズ:M(9号), L(11号)
 定価 :¥6,900(税別)

Staff Voice!

【スタッフ小林のコメント】
緩やかなボディーラインと大柄のチェックがかわいいオーバーシャツ。
濃い柄ですが比翼デザインのため、すっきりとしてますね。
インナーで見せるならサッと羽織ると、後ろの長いデザインなのでバランスの良いコーディネートが簡単にできるアイテムです。

表情豊かな大柄チェックのオーバーシャツコーデ。

たっぷりと余裕のあるサイズ感、長すぎず短すぎない絶妙にバランスのとれたシルエットで、着る人を魅力的にしてくれる素敵なオーバーシャツです。
クラッシックで大柄に見えますが、着てみると意外に見栄えが良く、却って細かい柄よりもスッキリして見えます。
よく見るとオリーブグリーンの千鳥ベースなので、その上に被ったウィンドウぺーンのきれいなオレンジの組み合わせが全体をモダンに感じさせます。
シャツのカラーリングにマッチしたメランジェ調のモックネックタートルをインナーに、首元の高さも計算して組み合わせたかのような取り合わせになっています。
首から下げた手編み風ニットのポシェットも、シャツの雰囲気にピッタリで、アクセントとして一役買っています。

■ クルーネック比翼前立てオーバーシャツ(ベージュ×ブラックストライプ)

モデル身長162cm 着用サイズM

 シャツ品番:OBKZ80-43
 ネット品番:K35KZE055
 品名 :比翼前立てオーバーシャツ(ベージュ系×ブラックストライプ)
 衿型 :クルーネック
 素材 :コットン100% 起毛
 仕様 :背ギャザー
 サイズ:M(9号), L(11号)
 定価 :¥6,900(税別)

Staff Voice!

【スタッフ萩野のコメント】
後ろの着丈が長めのシャツなので、ハイウェストのブラウンワイドパンツに合わせて着てみました。
ベージュ・ブラウンの暖色系でまとめて、秋冬らしく!
本格的に寒さが厳しくなってきたら、インナーにタートルネックのセーターを合わせたいと思います。
ブーツはサイドゴアのショートブーツを合わせ、マニッシュな足元を意識しました。
クルーネックの程よい第一ボタンの位置やボタンの見えない比翼&閂止めを施した前立て…。
シャツ自体にさりげないこだわりが詰め込まれていて、着ていてこんなところにもさりげない工夫が!と驚きました。

濃い目のベージュ地に、いい感じのレトロ感を漂わせるブラックのストライプを配したオーバーシャツ。
しっかりした生地を起毛させたネルは、肌当たりも柔らかでふっくら、最近人気のパジャマシャツのジャンルともいえ、古っぽくて新しい表情がいいですね。
衿を省いたクルーネックに、さらに比翼仕立てのあっさりしたフロントの処理が、レトロ柄の雰囲気をストレートに見せてくれます。
スッキリしたシャツに合わせたブラウンパンツも極力シンプルなもの。
その結果シャツのストライプが十分存在感を放ち、地味に感じるどころかエレガントなイメージも。
ボタン、ポケットなどを省き柄行きとシルエットのキレイさを際立たせたアイテムとなっています。
結構しっかりした素材なので、重ね着してももたつかず、フワッと着れていいですね。


以上、 今回はフロントすっきり比翼仕立てのシャツをご紹介しました。
スタンドクルーネックのデザインはニットとの重ね着も簡単。
是非、軽井沢シャツオンラインサイトもチェックしてみてください。


■展開店舗
 店舗品番 OBKZ78 - 43 ネット品番 K35KZE042 千曲店、SEASON店、岡谷店、松本店、立川店
 店舗品番 OBKZ78 - 13 ネット品番 K35KZE044 SEASON店、岡谷店、松本店、立川店

レディースファッション