Vol. 55

冬にも着たい、暖かホワイトシャツコーデ

  • 2020年12月3日

今回は、寒い日も暖かく着れるホワイトシャツ2タイプをピックアップ。

全国的に、ここ数日日増しに寒くなってきましたね。
数週間前に夏日があったことが信じられないほどですが、コロナウィルスはもちろん、インフルエンザ、一般の風邪など、まだまだウィルスとの戦いは長期戦が予想されるので皆さんも十分お気をつけください。

今回は一年を通して着回しできる優秀アイテム、白シャツ。
ボトムスやアウター、インナーとのコーディネイト次第で、ジャンルを超えていろんな気分のファッションを楽しめます。
いつもの着こなしに、ちょっとひねったアイテム選びを駆使して、オリジナりティのある着こなしを実践して欲しいと思います。

スタイリッシュな白シャツの着こなしをイメージするならパンツスタイルが一番ですが、スカートやワンピースと合わせれば少し甘めの雰囲気が演出できます。
暗めのカラーが主役となる冬に一枚採り入れるだけでコーデに爽やかさをプラスしてくれる白シャツ。
見た目の清涼感があるので、"夏物"というイメージを持っている人も多いかと思いますが、ニットやアウターに色が溢れかえるこの時期だけに白シャツを上手に活用してみてはいかがでしょう。

今回は、そんな寒い時期に活用してほしい“冬のホワイトシャツ”を使ったコーディネイトをご覧ください。

■ ホワイト ツイル起毛オーバーシャツ(スタンドカラー)

モデル身長158cm 着用サイズM

シャツ品番:OBKZ79-01
ネット品番:K35KZE045
品名:オフホワイト ツイル起毛 オーバーシャツ
衿型:スタンドカラー
素材:コットン100% 起毛
仕様:背BOXプリーツ
サイズ:M(9号)・L(11号)

Staff Voice!

【スタッフ西沢のコメント】
どんなボトムスにも合わせやすい白シャツです。
今回着用しているシャツは起毛しているので秋冬らしいアイテムとのマッチングも良いですね。
私はカラシ色のタイトスカートと組み合わせてみました◎
冬のアウターは着回しができるようグレーやブラックを選びがちで重い雰囲気になってしまいます。
その分このスカートのように差し色をいれるとワンポイントが作れて重くなりにくいですね!
是非お手持ちの差し色アイテムとも組み合わせてみてください。

白のスタンドカラーはツイル素材を起毛した冬仕様の素材。
ボトムスには明るめマスタードイエローのスカートを合わせ、白とのコントラストで元気でフレッシュ、勢いを感じる着こなしです。
暗い色でまとまりがちな冬こそ、ポイントに明るめカラーを投入してパッと華やいだ着こなしは目を惹きます。
起毛したオフホワイトは寒い朝でもヒヤッとせず、着た瞬間から肌触りも暖かで心地よい。
内側に機能性インナーを組み合わせれば防寒対策もバッチリ、こんな感じで軽やかに冬を乗り越えたいものです。
マスタードイエローの華やかさを足元のブラックで引き締め、さらにデザイン性の高いソックスや、リセ風の小ぶりなリュックを背負って上手に自分の個性を光らせているのも好印象です。
もちろん寒いときにはニットをプラスしたり首元のアクセントにスカーフをあしらっても、白シャツならくどくなりません。
色の組み合わせを制限しない白シャツのメリットを十分に生かし、パステルやヴィヴィッドカラーなど冬にハッとする色をもってくるのも素敵だと思います。

■ オフホワイトコーデュロイ(メンズシャツ)

モデル身長163cm 着用サイズM

シャツ品番:DAKZ67-02
ネット品番:K13KZW234
品名:オフホワイトコーデュロイ(メンズシャツ)
衿型:カッタウェイワイド
素材:コットン100%
仕様:背ボックスプリーツ&ループ 、脇ガゼット仕様、袖付け本縫い脇二本針 、高瀬貝使用、製品洗い加工
サイズ:M(39)・L(41)・LL(43)

Staff Voice!

【スタッフ小林のコメント】
今回はメンズシャツで着まわしてみました。
私はわりと肩が張っているので、メンズシャツもよく着るんです♪
少しゆったりとした着こなしなるのがすきですね~。
白シャツと言ったら全身白コーデもいいですが、お気に入りのスカートが映えるから好きです!
今日はこれで、来週はこれで♪なんて、色々着まわしたくなっちゃいますね。
このコーデュロイ生地はえりも柔らかくて気持ちがいいので、冬のコーデに役立ちそうです。

あえてサイズ大きめ、メンズのコーデュロイシャツを使っての着こなし。
シンプルなデザインや本格的な仕立ての良さを生かしつつ、フェミニンな雰囲気で着こなしてくれました。
最近は女性がメンズアイテムを積極的に採り入れることも増え、よりモノ選びの選択肢や可能性が広がっています。
メンズアイテムは一般的なレディスに比べキッチリとした仕立てがされている為、艶っぽさは足りないものの、逆にレディスとは違うシルエットなど、アイディア次第で普段と違う着こなしができて面白いですね。
また、レディスのカッタウェイワイドのシャツなどはイタリア製のシャツくらいでしか扱っていないので、こうしたデザインを女性が採り入れるというアイディアにも納得です。
また、現在レディスで販売されているコーデュロイシャツを見ると、そのほとんどがビックシルエットのオーバーサイズなので、上半身をコンパクトにまとめたいときはメンズをチョイスするのもアリです。
製品洗いの施されたコーデュロイは着始める前から質感もしっとりソフトで、肌触りも申し分なし。
ソフトな芯地のワイド衿を立てて着こなしたり、やや長めの袖をたっぷりに見せることで全体のシルエットもスリムに見せてくれます。
合わせたロングスカートにはトラディショナルな乗馬モチーフが描かれており、コーデュロイの牧歌的な質感とマッチしてブリティッシュカントリー調のムードが満載、メンズとレディスアイテムが自然に調和しています。
シャツコール(細うね)のオフホワイト自体もあまり見かけないので、暖かい白シャツとしてコーデュロイ素材の選択はベストではないでしょうか?

冬に最適な肌触りのシャツを多数ご用意しておりますので、是非軽井沢シャツオンラインサイトもチェックしてみてください。

レディースファッション