サカイのイチ推し

開発マーケティングディレクター坂井敏秀がおとどけするシャツスタイルコラム。

HOMEコラム > 少しだけ秋を先取り、シャツとサンダル。

レディースシャツ

Vol. 39

少しだけ秋を先取り、シャツとサンダル。

  • 2020年8月13日

今回はレディースのシャツタイプをピックアップ。

いよいよ夏本番。
不安が長引くコロナ禍に加え、ここ数日は全国各地で大雨の発生、台風の到来、それに加えて“熱中症警戒アラート”も発表され、いよいよ危険と言えるほどの暑い夏となりました。
この先さらに真夏日、猛暑日が続くという予想も出ていますので、お盆期間中、旅行や帰省を諦めた方もこれでは暑すぎて、日中はお出掛けどころではないかもしれません。

そうは言っても一日中家の中でエアコン漬けというのも身体にとっては考えもの。
早朝や夕方の涼しい時間帯を見計らって、運動がてら近所をお散歩するとかして気分転換したいものです。

今回はレディースのシャツタイプをサンダルに合わせたコーディネイトでご紹介します。
日焼けも気になるでしょうし、せめて足元だけでも涼やかにって感じで見ていただければと思います。

スタンドカラー オーバーシャツ

前裾入れ方アレンジ
前後左右で裾の入れ方をアレンジ。
インディゴっぽいブルーのトーン。
広めにとられたヨークが後ろ姿をエレガントに。
テロっとした質感と光沢が、コットンとは違うムードを漂わせます。

モデル身長161cm 着用サイズM

品番:OBKZ77-60  ネット品番:K35KZE040
品名:スタンドカラーオーバーシャツ (ブルー)
衿型:スタンドカラー
素材:ポリエステル100%(マイクロスパン糸)
仕様:幅広ヨーク、背BOXプリーツ

Staff Voice!

【スタッフ伊藤のコメント】
アンニュイなスモーキーブルーのシャツにオフホワイトのハイウエストパンツを合わせてみました。
フロントインにするときれい目に映りますが、今回は、片裾イン、切りっぱなしのパンツとラフなサンダルを合わせて、気負わずこなれた雰囲気を意識してみました。
シンプルなアイテムだからこそ裾で遊んだり、着方に変化をつけてあげるとスタイリングの幅もひろがりますよね。
トレンドのくすみブルー、難易度が高そうな色味にも見えますが、ホワイト系はもちろん、ブラック、グレーやデニムのボトムスとも相性が良いのでお手持ちのアイテムで素敵に着こなせますよ。

少しだけ秋を感じさせる落ち着いたブルーのスタンドカラーシャツ。
遠目に見るとインディゴの雰囲気も感じられるカラートーンですが、実はツヤ感のあるポリエステル100%なんです。
同じポリエステルでもスパンという短繊維なのでテロテロしすぎず適度な張り感があるタイプです。

今回は素材が持つドレープ感を上手に利用して、裾のあしらい方などでニュアンスをつけて着こなしてくれました。
襟や肩の落とし方、ちょっとした袖の捲り方など、シャツのデザインだけでなく、どういったポジションで着たらいいか?といったところまで気を配るとより素敵に見えるものです。
落ち着いた配色のコーデですが、バックスリットパンツなど少しディティールにこだわりがあったり、またボトムスのイメージにマッチしたグレーのトングサンダルによって華やかさが増しています。
こんな風に少しだけ秋のムードを色で採り入れ、涼しい時間帯を見計らってサンダルコーデでお出掛けしてみてはいかがでしょうか?

ハイネックカラー2wayタイプ(ブラウンストライプ)

ベルト使いシャツコーデ
ベルトでウェストマークすればワンピースっぽくも。
深いサイドスリットは横から見た時にエレガントな印象を与えてくれます。
ベルト上で程良くブラウジングして。
ハイネック風の首元が新鮮です。
ボタンがアクセントとなって後ろ姿も個性的に。

モデル身長158cm 着用サイズM

品番:OBKZ80-44  ネット品番:K35KZE054
品名:ハイネックカラー2way 
   ブラウンマルチカラーストライプ
衿型:ハイネックカラー
素材:綿100%
仕様:前後2wayでの着方が可能
   チュニック丈

Staff Voice!

【スタッフ西沢のコメント】
でました!

前と後ろどっちでも着れちゃうシャツです!
実は社内でも人気でこのタイプのシャツを着ている方何名も見かけました!
今回は着こなし例のひとつとして、シャツの上にベルトを巻いちゃうパターンです。かっちりしたイメージになりますよね。
もう少しカジュアルめがいいな、という方であればシャツと同系色のブラウンや、ストライプカラーの白やネイビーのベルト、スカーフを合わせると柔らかい雰囲気に変わると思います。

ハイネックデザインが今年らしいコットン100%のシャツ。
大胆に感じるストライプは、一枚で着てもベストやプルオーバーニットの重ね着アイテムとしても使える万能な一枚です。
ベージュにブラックを合わせたことでラフでありながらも全体が引き締まった印象になりました。
見た目のきちんと感に対して、リラックスした感じの快適な着心地です。
袖口はレディースでは珍しい2釦カフスなのでひと折りしてまくるだけでこなれた印象に。
前後を入れ替えれば、まったく違う印象に様変わりしますので、合わせるボトムスによって似合う着こなしを探ってみるのも面白いですし、ワンピース風にレイヤードすれば秋まで着れるので色んな使い方で楽しんで欲しいですね。

以上、足元軽やかなサンダルを使ったコーディネイトをご紹介しました。
夏物のセールも引き続き行っております。
是非、軽井沢オンラインサイトでチェックしてみてください。

レディースファッション