サカイのイチ推し

開発マーケティングディレクター坂井敏秀がおとどけするシャツスタイルコラム。

HOMEコラム > よりアクティブに、爽快ブルーシャツコーデ(1)

レディースシャツ

Vol. 32

よりアクティブに、爽快ブルーシャツコーデ(1)

  • 2020年6月25日

今回は、最近特にご好評をいただいているレディスの高品位なカジュアルシャツをピックアップ。

梅雨のさなかという事もあり、ジメジメとした日が続いておりますが、そんな時だけに気分も晴れやかに感じるコーディネイトを心掛けたいところです。
ブルー系のシャツは一年間を通しての定番といえますが、それだけに素材の種類、カラートーンのバリエーションも多く、季節に応じた素材感や見た目など、そのバリエーションは最も多彩です。
今回は、数あるブルーシャツの中からアクティブな印象もありつつ、キラッとセンスが際立つ、技ありシャツ2タイプをチョイスしました。
動きを妨げることなく気軽に着れて、ジャブジャブ洗えて、しかも大人の品位をキープできるスグレモノ。
しかも定番ボトムス等に合わせても一味違った印象になるので、お手持ちのアイテムもフル活用可能です。
是非、細部のディティールまでこだわった作りと共に、晴れやか、爽やかなコーディネイト例を参考になさってください。

ハイネック2WAYシャツ( ブルーストライプ )

コーデ-1

綿麻ホワイトの半袖シャツワンピース

モデル身長163cm 着用サイズFREE

シャツ
品番: OBKZ74-11
品名:ハイネック2WAYシャツ(ライトブルー×ホワイト×ネイビー)
衿型:スタンド&ハイネック
素材:綿60%テンセル40%
仕様:ラウンドテール
取扱い店舗:軽井沢シャツ立川店・軽井沢シャツSEASON・軽井沢シャツレイクウォーク岡谷店・プラトウ千曲店

Staff Voice!

【スタッフ小林のコメント】
さっと羽織ると裾が長めで、お尻のすっぽり隠れるデザイン。
サイドスリットがけっこう深めに入ってるのが個性的ですね。
白のノースリーブとデニムスカートで、夏場の定番カラーにライトブルーで爽やかな印象になるコーディネートにしてみました!

コーデ2

Staff Voice!

【スタッフ小林のコメント】
薄手で落ち着きのあるブルーのストライプシャツは、清涼感もあってこれからの季節にもお役立ち!
釦を後ろに回して、すっきりと見せたインスタイルのコーディネート。
ボーイッシュになりすぎないようにウエストにスカーフを巻いてアクセントにしました♪

このシャツの特徴でもある2WAYで着こなせるメリットを存分に生かしたコーディネイトです。
スタンドカラーの着こなしでは、衿の空いたスペースを利用してハイネックのカットソーをインナーに合わせ首元を立体的に演出。
フロントを開けても裾脇の大きくラウンドしたカッティングが優雅に映り、着こなしに花を添えてくれます。
どうやらこのシャツにはワイド系のボトムスが一番合うようですね。
ビッグシルエットほど大きくないので、大人の方でも程良いゆとり感で着用頂けます。

レギュラーカラーフレンチスリーブ

コーデ-1

モデル身長161cm 着用サイズ FREE

シャツ
品番: OHKZ68-13
品名:レギュラーカラーフレンチスリーブ(ホワイト×ブルーストライプ)
衿型:レギュラーカラー
着丈:ショート丈
素材: 麻100% 
仕様 : 比翼前立て,肩ダーツ、両脇ボタン、後身センター切替 
取扱い店舗:軽井沢シャツ立川店・軽井沢シャツSEASON・軽井沢シャツレイクウォーク岡谷店・軽井沢シャツイオンモール松本店・プラトウ千曲店

Staff Voice!

【スタッフ伊藤のコメント】
フレンチスリーブに抵抗感のある方にも是非試していただきたい一着です!
袖口の絶妙な形のおかげで、縦ラインが出来るので、気になる二の腕も細く見えます。
フロントボタンの見えない比翼前立てのシンプルなシャツというのもどんなボトムスにも合わせやすいです。

コーデ2

Staff Voice!

【スタッフ伊藤のコメント】
こちらはボーイッシュな雰囲気を意識してみました。
フロントのボタンを開けるとストンとまっすぐ落ちてくれる形なので上半身をカバーしてくれつつ、下半身をすっきりと見せてくれます。
前を開けると大ぶりなシルエットですがサイドのボタンのおかげで女性らしい印象も残してくれます。

色使いを2色に絞った爽やかさ溢れるコーディネイト。
一見ベーシックなレギュラーカラーのように見えますが、シャツ全体のシルエットも含めトレンド要素を加味した仕掛けが施されています。
身頃と同じラインで裁断されたフレンチスリーブの仕立て、絶妙な袖丈、脇部に配された開閉可能なボタンなど、シンプルな見かけによらず、ボトムスの雰囲気に応じて微妙にアレンジできる工夫が満載です。
テロっとしてドライな麻の質感は、ドレープ性もあるので全体のラインがきれいに見えるのもメリット。
コーディネイト画像の通り、トレンドのベージュとの組み合わせ、ホワイトデニムであれば、上下ともに重くならずにより軽快で爽やかな雰囲気が作りやすく、インナーにメンズっぽくTシャツをインしたり、スニーカーなどスポーツアイテムとも連動しやすいので、デイリーにガンガン着れて使えるアイテムですね。
最近のシャツは、全体のシルエットがコーディネイトのカギになることが多いので、アレンジしやすいベーシックな柄はかえって使いやすいと思います。

以上、今回は爽やかで、軽快なシャツをご紹介しました。
ニットやTシャツなどカットソーの出番が増える時期ですが、肌離れが良く、動くたびに軽快さが見えるシャツの着こなしも是非日常に取り入れて欲しいと思います。
蒸し蒸しする季節は、シャツの方が涼しく感じられると思うんですけど…

商品ごとに取扱い店舗が異なります。文中に取扱い店舗を記載しておりますので詳しくはそちらをご覧ください。
また、記事掲載時点での取扱い状況となりますので、売り切れにはご容赦ください。

レディースファッション