サカイのイチ推し

開発マーケティングディレクター坂井敏秀がおとどけするシャツスタイルコラム。

HOMEコラム > シャツ&ブラウスで春のオシャレを先取り(2)

レディースシャツ

Vol. 15

シャツ&ブラウスで春のオシャレを先取り(2)

  • 2020年2月27日

まだ2月だというのに例年になく暖かな日が続いていますね。
異常ともいえる暖冬の影響で今年の桜の開花予想も東京や福岡は3月15日など記録的に早くなりそうだと報じられています。
新型肺炎の拡散でしばらく不安な日々が続きますが、一日も早い終息を願うばかりです。
皆さん、くれぐれもご注意ください。

今回のイチオシは前回に続き、レディースシャツをご紹介です。

テンセル混でさらっとした着心地のイエローストライプレディースシャツ

爽やかなイエローのストライプシャツ。

イエローストライプシャツ×ロングスカート
後ろはギャザーが入っています
淡い色のロングスカートとも相性がいいです
イエローストライプシャツ×デニム
イエローストライプシャツ×デニム前
イエローストライプシャツ×デニム後ろ
つぶやき

【スタッフ伊藤のコメント】
黄色は少しチャレンジしづらい、、という方にもおすすめのやわらかいパステルイエローの色味のストライプシャツです。
顔映りもとっても明るく見えますよ♪
テンセル混でさらっとした着心地なのと、後ろギャザーでふわっと優しいシルエットなのも嬉しいポイントです。

シャツ
品番:OBKZ74-33
衿:レギュラーカラー(イエローストライプ)
素材:コットン60%. テンセル40%
仕様: 高瀬貝ボタン、背ギャザー
上代:5.900円(税別)

サカイのコメント
イエローベースにメンズっぽいストライプを配したベーシックなデザインのシャツです。
今季のトレンドでもあるイエローは、ソフトな印象と何より春の訪れを感じられる爽やかさがポイント。
パステル系に注目が集まっている今季はミント系やイエロー系が大人気です。
素材にテンセルを40%ブレンドしたことでトロっとした手触りとドレープ感が生まれ、一般的なコットン100%の洗いざらしとはまた違った雰囲気に仕上がっています。
フロントのポケットを省いた分、背中にとられたたっぷりのギャザーが後姿のアクセントとなり、カジュアルなスニーカーと合わせても華やかさを失いません。
着方としてはフロントをタックイン、無造作な感じで腕まくりしたナチュラルなこなし方がこのコーディネイトのキモですね。

白からみ織りの切り替えシャツ。

白からみ織りの切り替えシャツ×インディゴワイドパンツ
フロントはインし、後ろはボトムアウトでも丁度良い丈。
首元はスカーフを巻いてアクセントをプラス。
白からみ織りの切り替えシャツ レディース
小さめの衿ですっきり。貝釦の輝きも上品。
後ろはインボックスプリーツデザイン
白からみ織りの切り替えシャツ サイド
白からみ織りの切り替えシャツ×イエロースカート
つぶやき

【スタッフ伊藤のコメント】
袖と背中部分がからみ織になっていて見た目にも可愛らしく、なおかつ肌離れも良いので夏まで快適に着られそうなブラウスです。
トレンドのフロントボタンスカートとあわせて清楚にもお上品にも、デニムとあわせて軽いお出かけにも、オンオフで活躍してくれる嬉しい一着です。

シャツ
品番:OBKZ65-02
品名:カラミ織り ラウンドカラー白シャツ
素材:コットン100%
仕様:袖/後身にカラミ織り生地使用。
上代: 5.900円(税別)

スカート
品番:MSTO30-30(イエロー)
品名:フロントボタンナップスカート
素材:レーヨン90% . ポリエステル10%(裏地ポリエステル100%)
上代: 8.900円(税別)

サカイのコメント
うってかわって少しフェミニンな着こなしです。
前身が白のポプリン(平織り)で袖と背中が“からみ織り”素材で切り替えられ、一見シンプルな白シャツのようで異種素材の組合せの効果を狙った、かなり凝ったデザインになっています。
からみ織りのストライプが華やかなので、首元にスカーフをあしらうとグッと上質感が増して大人っぽい着こなしに格上げします。
衿がラウンドカラー(丸衿)っていうのもソフトなムード作りに一役買っていますね。
ワイドデニムなどカジュアル感のあるボトムスと組み合わせると、白シャツの仕立てや清楚な感じが際立って見えます。

スカートはイエロー系の中でも“ピスタチオグリーン”と呼ばれる今季注目のカラー。
トレンチコートのデザインをモディファイした都会的なスカートに、織り変化の白シャツがベストマッチ。
ブライトカラーと白シャツの組合せはピリッとして洗練された印象を受けますね。

シャンブレー パンティカットシャツ

シャンブレーレディースシャツ サイド
シャンブレーレディースシャツ×ホワイトデニム
シャンブレーレディースシャツ×ホワイトデニム 後ろ
シャンブレーレディースシャツ すっきり小さめの衿
ブルーシャンブレーシャツ×ネイビーロングスカート
つぶやき

【スタッフ伊藤のコメント】
裾のデザインが特徴的なパンティカットシャツ。
ニットベストと合わせて、裾をのぞかせて着たらまたかわいいだろうなあ、、と思います。
タックインでもタックアウトでも違った雰囲気を見せてくれて、着こなしの幅をひろげてくれそうです。

シャツ
品番:OBKZ65-11
品名:レギュラーカラー
素材:コットン100%
仕様:フロント裾部パンティカット、背裏ボックスプリーツ

サカイのコメント
シャンブレーシャツ、ホワイトボトムスにキルトタッセルのローファー、アイビーアイテムと組み合わせた女性版プレッピーといった感じです。
レディースには珍しく、フロント裾部に“パンティカット”と呼ばれるレトロなディティールを採用しているのが特徴。
最近は大人の女性にボーイッシュな着こなしも定着してきているので、男性にも共感を得られやすいスタイリングだと思います。
全体はボーイッシュなムードもありながら、衿もとのボタンを開けすぎないことで、どこかモードっぽいムードもありますし、定番ブルーとホワイトに濃いめの茶の靴を合わせてきっちり足元までバランスをとっているのも見事です。(裾の丈感も) 一方、ロングスカートにはリゾート風のフラットサンダル、シャツの裾もきっちり入れて…ウェストマークを強調。
未だ“ゆるふわシャツ”が全盛ですが、時にはこうしたクラシックなフィット感のシャツを正統な感じで着るのもいいものです。

まとめ

二回にわたってレディースシャツをご紹介しましたが、シルエットの違いで大きく着こなしの幅が広がるのがわかって頂けたと思います。
カラーや柄だけでなくシルエットに大きな変化をつける事で、時に大人っぽく、時にボーイッシュにと、普段と違う自分に出会えるでしょう。
まだ他にバリエーションのご用意がありますのでまたの機会に紹介していきたいと思います。

※3月より順次入荷予定です。

レディースファッション