サカイのイチ推し

開発マーケティングディレクター坂井敏秀がおとどけするシャツスタイルコラム。

最新記事

2019秋冬

RECOMMEND
Vol. 03

一段格を上げる、ネクタイのススメ。

  • 2019年12月5日

第3回目にご紹介する“イチオシ”は、ドレスアップの基本となるネクタイ

今年の夏も異例の猛暑が続き、日本中が熱中症の話題でもちきりでした。
その後、働き方改革の流れもあってか、クールビズが終わった今でもノータイスタイルの方を普通に見かけるようになりました。
酷暑は別としても、せっかくスーツ着てるのにネクタイはしないんだなぁ?と、街ゆく人を見ていて少し違和感を覚えるようになりました。
本来ネクタイは儀礼的なものとしてだけじゃなく、気分を上げてくれたり、ここぞという時に気を引き締めたり、装いの格を上げてくれたり、小さい面積でも自らのパーソナリティを表現できる唯一の布でもあるはずです。
楽チンな流れは大歓迎ですが、ネクタイを楽しむ文化はちゃんと残って欲しいなと願っています。

ビジネスだけじゃない。男性にとっての”アクセサリー”。

さて、新たな気分でネクタイを締めてみました。
やはり背筋がシャキッとする感じがしますね。まさに洋服がもたらすマジックです。
スーツじゃなくても、やはり男性のクロージングスタイルにはネクタイがないと締まらないというか、なにかもの足りない感じが残ります。

特に欧米の人達はタイドアップする場面はビジネスだけにとどまりません。
夏は洗いざらしのシャツに麻のタイ、デニムには厚手のウールタイ等、正式な場面以外でも季節やその場にマッチしたタイを選び、楽しげに付け替えて遊んでいる光景を目にします。
置き換えてみると、女性にとっての指輪やイヤリングとかアクセサリーに値するものかもしれません。体形や肌の色、色の調和とか気分とか、いろんな角度で計算されていながら、気負いを感じさせずに、サラッと締めている感じが何とも艶っぽくていいんですよね。 

シャツはシンプルで上質な素材を選びたい。

やはりタイドアップの土台となるドレスシャツはシンプルなタイプを選ぶのがキモです。
シャツに強い個性を求めてしまうと、どうしてもタイとの調和が難しくなるので、少し控え目なくらいの淡い色調をベースに合わせていきます。
逆にノータイの時には少し存在感のあるデザインとか柄、またはニット素材のシャツなんかだと敢えてノータイのメッセージが伝わるのでオススメです。
(ノータイについての着こなしは別の機会にご紹介します)
ネクタイは体の中心、いわゆるVゾーンという最も重要な位置に締めます。
第一印象を決める重要な役割を果たしますから、本来は気を抜いちゃいけないもの。
組合せは上着と同系色でまとめるのが王道ですが、気分や場所によってコントラストの強いカラフルな色使いもアリなのがネクタイです
ネクタイの良さはズバリ手軽に変化を加えられるところ。ユーモア溢れるタイだけを専門に扱って人気を博しているブランドさえあるくらいですから… 
今更ながら“紳士装飾品小物”という呼び名にも納得です。

当然ですが、落ち着いた色を使うとシックに映り、カラフルな色はアクティブな印象を与えます。
プライベートな場面なら、少し大胆な柄を採り入れた方が気分も上がりますから、ビジネスでは抵抗のあるイエロー、グリーン、レッドなど敢えてカラフルな色をデニムっぽいシャツに合わせるとこなれた感じがしていいですよ。

使うほどにわかる、品質の良さ。

価格は、税別4.900円と5.900円の2ラインをご用意しました。
4.900円は日本製生地(京都西陣織)、5.900円は美しいプリントと高品質で知られるイタリアの老舗テキスタイルメーカー・マンテロ社(MANTERO SETA SPA)のジャガード織りをメインに取り扱っています。
市場では低価格のネクタイがたくさん流通していますが、基本的にネクタイは素材(シルク)の品質がすべて
共に良質な素材に加え、日本製の確かな技術を組み合わせる事で、はずした後のシワの回復、ねじれに強い等、仕立ての工夫がそのままクオリティに活かされているので、使用を重ねる毎にその違いを感じて頂けると思います。
もちろん締め心地がいいのは言うまでもありません。

剣幅は最も合わせやすい8cmに設定。裏地のキュプラ素材は高級感のあるブラウンカラーに統一する事で、チラッと裏が見えた時の重厚感まで考慮しました。こうした少しの工夫がネクタイの格を上げる要素である事も合わせてお伝えしておきましょう。

他にも微妙なトーンや多色が混ざり合った織りなど、多種多様なネクタイが揃っていますので店頭やWEBをチェックしてみて下さい。

本日のイチオシ

軽井沢シャツ日本製ネクタイ

品番 GNKZ01(イタリア生地)
   GNKZ02(日本生地)

※今回ご紹介いたしましたネクタイは店舗(オンラインショップ含む)により取扱い状況が異なります。在庫状況等、取り扱いにつきましては店舗までお問い合わせください。

メンズファッション