しわにならないワイシャツのお洗濯方法

お洗濯する前に確認しましょう

ワイシャツには、生地の素材や洗濯方法などが書かれた「洗濯絵表示」がついています。
まずはこちらを確認してください。
素材情報の他、家庭洗濯しても問題が無いか等の情報が記載されています。

1.ボタンを留めて裏返しにしましょう

しわにならない様にYシャツをきれいに洗濯したいときは、前身頃のボタンを留めてシャツを裏返しにします。
ボタンを留めることで、形崩れにくくなり余計な洗濯しわを減らすことが出来ます。

2.必ず洗濯ネットに入れて洗いましょう

洗濯物のしわは、一緒に洗濯した他の衣類と絡み合うことで発生します。 洗濯物どうしが絡んだりこすれたりしない様に、洗濯ネットを使用します。 この時、生地の負担を減らすため、出切るだけ細かい網目の物をえらびましょう。 又、洗濯ネットに入れるときはワイシャツを1枚ずつ綺麗に畳んでください。

3.柔軟剤を洗濯の仕上げに使いましょう

柔軟剤は、しわを防いだり静電気やまとわりつきを防止する効果があります。
様々な香りや、防臭効果の製品もありますが、洗濯量に対して適量を使用してください。

4.脱水時間は短めに行いましょう

洗濯時にしわが発生する最大の原因は「脱水」です。
シャツの脱水時間は、15秒~30秒程度にしましょう。
脱水の所要時間の調整や、脱水の途中で一時停止するなどしてワイシャツだけ取り出すひと手間をかけましょう。
過度な脱水でワイシャツにしわが刻まれてしまうのを防げますしシャツの傷みも軽減されます。

5.脱水が終わったら手早く干しましょう

脱水が終わったら、素早く取りだして干す準備をしましょう。
裏返して洗ったワイシャツを表向きにし、形を整えながら軽くたたきしわを伸ばします。
袖口や襟は目立つ部分ですので、形を整えてしわを伸ばしましょう。

針金ハンガーの使用はやめましょう

肩部分が細い針金ハンガーは、ワイシャツの肩部分にハンガー跡ができてしまいます。
ハンガーに干すときは、できるだけ肩部分が広いハンガーを使用します。

まとめ

洗濯機に入れるときや干すときのちょっとした工夫で、洗濯ジワは軽減できます。
また、洗濯ジワが少ないと、アイロン掛けも簡単に行え、家事の負担も軽減されます。更に嬉しい点は、洗濯ジワを減らす洗濯方法は、衣類の損傷軽減に繋がります。特ににしわのつきやすいものを洗濯する時には、今回の方法を是非実践してみてください。